イベント,  かげろう日記

春の植物観察会を開催しました

 

4月10日に春の植物観察会、~イチリンソウに会いに行こう~ を開催しました。
天気に恵まれて暑いくらいの陽気の中で開催することができました。
参加してくださいました皆様ありがとうございました。

コナラやクヌギの新緑。遠くにヤマザクラの淡い桜色

甲府から見える近くの山々はついこの間までは冬色でしたが、この1週間で若草色へと姿を変えつつあります。
そんないつも見ている山の中、ググっと分け入った林床に人知れずひっそりとイチリンソウが生育しています。

今回のイベントは山歩きも楽しみの一つ。
探検さながらとある林を奥へ奥へと進んでいきます。

植物を観察しながら木々を分け入って

谷底に降りると細い沢沿いに、平らで歩きやすい場所に出会います。
ここで目的の野草、イチリンソウを探します。

林床に咲く白い花は遠くからでもよく目立つ

今年はまだ少し早かったようで、つぼみの個体がほとんどでした。
数個、日当たりの良い場所では花を見ることができました。

写真だと伝わりにくいですが、体に対して結構大きな花を咲かせます。
白いお花ですが、背面が薄くピンクがかって何とも言えないいい色を呈します。
この花の後ろ姿がまたいいんです。

茎に対して3枚の葉が出る姿は特徴的です。
花言葉は追憶だそうです。

一面にイチリンソウの葉が覆っている場所もあって、来年は満開のイチリンソウに期待したいと思います。

その他に、ムラサキケマン、カキドオシ、ヤマブキ、シュンラン、ヤマツツジ、ミヤマウグイスカグラ等の花が見られました。
イノシシの顎の骨やシカの頭骨も発見。面白いものをたくさん見ることができました。

シュンラン(春欄)

今後月1ほどで何かしら野外のイベントを行っていく予定にしていますので是非ご参加ください。
イベントを企画した際はこのHPやInstagramなどでお知らせいます!